トップページ > 栄養素の基本「年齢区分と基準体位」

栄養素の基本

「年齢区分と基準体位」

生活習慣病を予防するための指標をご案内します。

3.年齢区分と基準体位

それぞれの個人が必要とするエネルギーや栄養素は、体格や身体活動量によって異なります。

食事摂取基準は、それぞれの年齢階級の最も典型的な体位を基準として策定しています。

1歳以上は、「国民健康・栄養調査」における身長・体重の中央値を用い、乳児は、「乳幼児身体発育調査」の中央値を用いて基準体位とし、算定しました。

乳児の月齢については2区分を基本とし、より詳細な区分が必要であるエネルギーとたんぱく質については3区分を設定しました。

1〜17歳を小児、18歳以上を成人とし、高齢者を分けて考える必要がある場合は、70歳以上を高齢者としました。

また、妊婦および授乳婦については付加量で示します。



参考になさってください。

なお健康食品初心者で、これから始めようとされる方は、その効果効能が科学的・医学的に立証されているマルチビタミンのサプリメントから始めてみるのが良いですね。

ちなみにビタミンやミネラルはお互いが助け合う事で、その働きを高めています。マルチビタミンのサプリメントを飲もうとされる方は、ぜひマルチミネラルのサプリメントも一緒に摂ることをお勧めします。

>>最新の「マルチビタミン・マルチミネラル」系マルチサプリメント比較はこちら

口コミを投稿する

目次

トップページ
サプリメント比較+口コミ人気ランキング
サプリメント丸分かり辞典
サプリメントの基本
栄養素の基本